声優専門学校を出ても声優になれない?卒業後の進路はどうなっている?

憧れの声優になるための登竜門である声優専門学校。

しかし声優専門学校を卒業してから声優になるまでの道のりは決して平坦なものではありません。

たとえ声優専門学校を卒業したとしてもほとんどの卒業生が声優になれない現実があるのをご存知でしょうか。

声優専門学校の卒業生のほとんどは声優養成所へ

声優専門学校を卒業した卒業生が選ぶことができる進路は以下のいずれかです。

声優デビュー

恐らく最も華々しい道は、声優専門学校卒業後、そのまま芸能事務所に所属し声優デビューすることでしょう。

しかし、残念ながら、声優専門学校を卒業していきなり声優としてデビューできる人はほとんどいません。

例えば、東京喰種の金木研役などで有名な花江夏樹さんは、声優事務所へボイスサンプルを送ったことでデビューのチャンスを掴みました。

ですが、このような例は他になく、特筆して芸能関係者の目に留まることがなければ、まずありえないと考えたほうが良さそうです。

声優養成所へ入所

最も多くの卒業生が選択するのが声優養成所への入所です。

声優養成所は、多くは声優プロダクションが直接運営する声優の養成機関です。

声優養成所のレッスンは、週1?3回で短時間の場合が多いため、学業や仕事と掛け持ちをする人も多くいます。

他の学校へ進学

声優の専門学校へ進学後、声優の道を選択しない人の中には、改めて大学や他の専門学校に進学する人もいます。

芸能人になる夢をあきらめない人の中には、アイドル養成所などに入所する人もいます。

一般企業へ就職

また、声優専門学校を卒業後、声優の道には入らずそのまま一般企業へ就職する人もいます。

上記のように、声優専門学校を卒業したからといって、必ずしも声優の道を目指さなければいけない、ということはありません。

学校により割合に開きはありますが、およそ7割の卒業生は声優養成所へ入所しますが、残りの3割は進学もしくは就職を選択します。

ただし、注意が必要なのは、声優専門学校を出たからといってすぐに声優として活動できる訳ではない、ということです。

声優養成所からプロダクションへ

声優養成所では、声優になるために必要な技術や知識を身につけると同時に、日々プロダクションに所属するためのオーディションが行われます。

声優養成所から声優プロダクションに所属する道は険しく、途中のオーディションで不合格になると、その時点で退所を迫られる所が多いです。

現在活躍する有名声優の多くは、この過程を経てプロダクションから声優デビューしています。

特に最近では、声優専門学校以外にも、一般大学に通いながら声優養成所へ入所する人や、仕事をしながら声優養成所のレッスンを受ける人も増えています。

声優専門学校の卒業生は、声優になるための訓練を積んでいる分、土台はしっかりしていますが、声優養成所では専門学校以上に厳しい競争にさらされるのです。

声優として食べていける人はほとんどいない

声優養成所のオーディッションを見事突破すると、晴れて声優プロダクションに所属し、声優としての活動をスタートすることができます。

しかし、プロダクションに所属できたとしても、声優専業で生計を立てることができる人はほとんどいません。

その割合は一般的に、プロダクションに所属した人のうち100人に1人とも言われています。

数多くの作品で主役を演じた有名声優の浪川大輔さんは、「声優を目指している人は30万人ぐらいいる。

声優自体はおよそ一万人いる。

その中でも、声優単体で、食べていける人は300人ぐらいだ。

1万人は全然食べられていない」とテレビ番組で語ったこともあるくらいです。

道半ばの卒業生は一般企業へ就職

声優専門学校や声優養成所で声優への道を諦める場合には、高校生や大学生と同じように就職活動をし、一般企業に就職することができます。

就職先としては、やはり、芸能関係に関わるお仕事に就く人が多く、テレビの制作会社や小道具の制作会社に就職する人もいます。

また鍛えられた声を活かし、飲食業やアミューズメント業の接客業務に就く人も多いようです。

声優専門学校はあくまで土台

声優専門学校は、テレビや雑誌のCMで、さも「声優になれる学校」であるかのように宣伝を行います。

しかし、実際には、声優専門学校を卒業しただけで声優になれる人はほとんどいません。

皆無と言って良いくらいでしょう。

声優専門学校はあくまで声優としての基礎的な知識や技術を学ぶための学校です。

声優への近道として考えるのではなく、訓練を積む場として捉えるのがおすすめです。

あくまで声優になる場合には、声優専門学校で学んだ知識を活かしながら自らオーディションに挑戦し、くぐり抜けていくバイタリティが必要となります。

まとめ

声優専門学校を卒業したからと言って、必ずしも声優デビューできる訳ではありません。

端役につくだけでも、卒業後声優養成所に入所し、数々のオーディションをくぐり抜けた上でプロダクションに所属する必要があります。

卒業生の中には声優の道を諦め、一般企業に就職する人も多くいます。

声優の道を目指すには、まず、その厳しい現実を直視し、努力を怠らないことが大切です。