声優専門学校も多様化の時代!比較して長所を見極めることが大切

声優業界で生き残るのは難しく、声優デビューを目指すのであれば専門学校選びも重要になっています。

声優専門学校もそれぞれに特色や魅力を打ち出し、生き残りを目指しています。

どのような専門学校を選ぶかでデビュールートも変わる可能性があるため、カリキュラムなどもしっかりとチェックすることが大切です。

アニメの声優として活動できるのはほんの一握りになる

声優の仕事を考える場合に大切になるのが、アニメなどの声優になれるのがほんの一握りだということです。

これはアニメの市場規模から仕事の数が限定されるためです。

日本語で話す声優は、基本的に日本の市場規模に縛られます。

アニメが輸出産業として優秀で、日本語もスタンダードな言語であれば仕事も増える可能性があります。

ただし、実際は日本語を愛好する海外の人は一部で、採算を見込み辛いのが現実です。

ヒットアニメが海外に輸出されることがあっても、その数は限定され、声優として活動できる人も絞られるのです。

声優として生きていくのであれば、競争に勝ち残るか、仕事の範囲を広げる工夫が必要になります。

舞台俳優としての活動や、音響系の技術を身につけるなど声優以外の顔を持ったプロが多いことにも理解が必要です。

声の演技以外のカリキュラムを取り入れる専門学校も珍しくないため、現実は現実として知っておく必要があります。

声優の養成所などに通うか直接デビューを目指すか

声優の専門学校から直接デビューをする人はほんの一握りで、オーディションなどに参加すればプロの声優と真剣勝になることに理解が必要です。

作品を作る側としては演技力や声質などが重要になるため、特に新人にこだわる理由はありません。

直接デビューを目指すのであれば、専門学校と提携したプロジェクトなど学生同士で競うイベントがあるかを集中的にチェックするのがおすすめです。

チャンスを逃した人声優の養成所などに通い、ひたすらチャンスを待つことになります。

どの程度の年月をかけてデビューを目指すかで戦略も大きく変わってきます。

配信に積極的に取り組むケースも誕生している

声優の仕事は役柄を演じるのが基本ですが、ラジオのパーソナリティなどトーク力が試される仕事もあります。

声優の新たな仕事として注目されているのがライブ配信です。

国内ではSHOWROOMなどが有名ですが、声優部門があるライブ配信プラットフォームも存在します。

ライブ配信市場は成長市場であり、声を武器に戦うことも可能です。

配信をすることでいわゆる「投げ銭」を受け取り、プロの配信者として生活する人もいます。

専門学校が配信者をバックアップするオーガナイザーとなり、学生が配信を行いながら技術を磨くケースも誕生しています。

自分で仕事を作る、お金を稼ぐのも選択肢になっているのです。

配信プラットフォーム開催のオーディションも多い

ライブ配信プラットフォームは様々で、中には配信がオーディションなどを兼ねるケースも存在します。

期間中の配信で優秀な成績を残せば、アニメやアプリ、アニメソングなどでデビューできる可能性があります。

モデル兼声優として自分のルックスを打ち出す、アニメ絵に声を当てるなど活動の選択肢も多いのが特徴です。

バーチャル枠を設け、限定オーディションが開催されることもあるため、知識があれば選択肢を増やせます。

デビューや声優事務所所属の実績で選ぶのも方法

声優専門学校のカリキュラムは多様化していますが、実際のデビューや声優事務所所属の実績で選ぶ方法もあります。

良い事務所に所属するためのチャンスがあるかどうかで専門学校を選ぶ人も存在し、長期視点で演技力を磨く人もいるからです。

学生デビューのハードルが高いからこそ、真剣に声優を目指すのであれば検討の余地があります。

声優事務所所属のオーディションに力を入れている専門学校があるため、オーディションの豊富さはチェックしたいポイントです。

プライベートの時間を使ってチャンスに備えることも大切

声優専門学校のオーディションで声優事務所所属を目指す場合は、プライベートの時間を使うことも大切になってきます。

専門学校以前にボイストレーニングを行っていた人や、演技経験がある人はそれだけで有利です。

経験の差を埋めるための工夫をしなければ、同じ専門学校内のオーディションでも勝ち残れる可能性が低くなります。

小規模であってもまずはオーディションに参加して現場の感覚を掴むなど、本番で緊張しないための対策も重要です。

ぶっつけ本番で実力を発揮できる人ばかりではないため、事前の確認ができるかでチャンスへの強さがかわります。

例えば、配信のサポートをしていない専門学校でも、アマチュア配信者としてデビューして経験を積むことも可能です。

オーディションに強い専門学校に通いつつ、自主的に配信者としてのスキルを伸ばすといった組み合わせも可能で、活動の幅を広げるのにも役立ちます。

まとめ

声優専門学校のカリキュラムは多様化していて、市場の変化に合わせて変化しています。

新しい市場の開拓に積極的か、声優事務所所属のチャンスに強いかなど、学校の特色を見極める重要性が増しています。

プライベートと学校のカリキュラムの組み合わせを考えることも大切で、工夫すれば更にチャンスを増やすことができるのです