声優の専門学校を選ぶ際のNGポイントを知っておくと、適切な学校を見つけやすくなる

声優のスキルを基本から学びたい人は、声優の専門学校を選ぶ場合があるでしょう。

専門学校では、全く経験のない初心者でも、段階を踏んで無理なく学べるメリットがあります。

しかし選び方を間違えると、目標達成どころか学費だけ損をして終わってしまう可能性もあります。

選び方のNGポイントを知ることで、どの専門学校が自分にとって適切かわかってくるでしょう。

ハードルの高い声優の世界だからこそ意欲の維持が大切

目指す人が多いことと比較して、実際に活動できる人の数は少ないのが声優の世界です。

専門学校に通うことは、必ずしもプロ声優の道を保証するものではありません。

もちろん、声優養成所や声優スクールも同じであり、実力を身につけた上でチャンスを活かす絶え間ない努力が必要です。

声優に対する目標が明確な人でも、モチベーションの保てない専門学校を選んでしまうと、途中挫折につながることがあります。

それぞれの置かれた環境や自分自身の性格も含めて、総合的な判断で専門学校選ぶことが大切です。

通学しやすい立地は根本的に重要

声優の専門学校を探す場合に、カリキュラムやサービス、学習環境や講師陣、卒業後の進路など、多くの考慮するべき要素があるでしょう。

但し、根本的に必要な部分として、通学がしやすいかどうかも重要です。

その専門学校が生活導線の範囲内で、通学に問題のない場所に立地していることが条件です。

いくらカリキュラムが優れていても、あまりに自宅から遠い場所にある学校では、根気が続かなくなる危険性があります。

声優の専門学校は学費も高いため、アルバイトをして生活費を稼ぎたいと考えている人もいるでしょう。

その場合であればなおさら時間的な制約も考えて、生活上に支障のない距離で専門学校を探すことが必要です。

もちろん、近いからといって実績に乏しい専門学校や、サービス面に問題のある専門学校を選んでいいという意味ではありません。

カリキュラムやサービスは基本として重視し、その上で可能な限り通学しやすい学校を選ぶことが大切です。

本当に気に入った専門学校が遠くにある場合は、金銭的負担は増えるものの、下宿を考えることも必要な場合があります。

漠然とした選び方は避ける

声優を目指すルートは、専門学校以外にも、声優養成所や声優スクールがあります。

どれを選ぶかはその人の目的や現在のスキルによって違いがありますが、最も避けるべきは漠然とした選び方です。

専門学校に通えば声優になれるという漠然とした考え方は禁物です。

狭い門をくぐり抜けてプロ声優になるためには、自分にとって目標に近づく最善のルートを把握してから行動を起こすことが大切です。

声優養成所の場合は、声優プロダクションの直轄になるため、そのプロダクションに所属できるチャンスはあります。

もちろん誰でもなれるわけではなく、オーディションに受かる必要があります。

専門学校の場合は、特定のプロダクションではなく、幅広いプロダクションのオーディションを受けることができます。

但し、声優養成所のように特定のプロダクションと濃い関係があるわけではありません。

声優の専門学校でスキルをしっかり身につけてから、卒業後に改めて声優養成所に通う人もいます。

既にある程度スキルを持っている人であれば、最初から声優養成所に入所する場合もあります。

学費に関しては、声優の専門学校の方が高額です。

認可を受けている専門学校であれば学歴として認められますが、無認可校であれば学歴にはなりません。

また、声優養成所や声優スクールは学歴に該当しません。

これらのことを総合的に判断して、進路選択をすることがおすすめです。

社会人は現在の環境に合わせて専門学校を選ぶ

声優の専門学校は、大学生や社会人でも通学可能ですが、その場合は時間的な課題が生じるでしょう。

勉強や本業を抱えながら、声優の専門学校に通学するのは大変です。

自分の置かれた環境を無視して専門学校に通うのは、後々苦しくなるためNGポイントです。

大学生であればダブルスクールが可能かどうか、社会人であれば労働時間との兼ね合いや、周囲の理解が得られるかどうかも事前確認として大切です。

このような場合は、夜間コースや通信コースの選択も視野に入れておくといいでしょう。

夜間コースは休日利用も可能であり、カリキュラムについても日中の学校とそこまで大差はありません。

通信コースの場合は、学習教材が自宅に送られてくるため、それに基づいた自宅学習ができます。

通信であってもスクーリングの制度があり、個別指導も可能です。

これらのサービス面は各学校によって細かな違いがあるため、必ず確認しておくことが必要です。

夜間コースや通信コースを選択する場合に意識すべきこと

夜間や通信は、日常が忙しい人にとって利用しやすくメリットがありますが、同時にデメリット面もあります。

最も課題になるのは、意欲の維持です。

夜間コースを利用する人は、日中では別の勉強や仕事をしている人が多いでしょう。

通常の活動で疲れている中で、さらに声優の勉強を続けるためには、持続性をどのように担保するかが重要です。

通信コースの場合は学校に通う必要がないため、さらに勉強を続けるモチベーションの維持が根本問題としてあります。

安易な選択では長続きしない場合があるため、本当に声優の道に進みたいかどうかの自己分析がポイントになります。

まとめ

入学前の学校説明会や体験授業は、声優の専門学校選びに効果的なイベントです。

その学校の特徴や雰囲気を肌で感じるメリットがあります。

しかし、どの専門学校でも学校説明会や体験授業は力を入れており、それが専門学校の全てを表していると考えるのはまだ早いです。

事前にしっかりと専門学校選びのNGポイントを理解し、適切な判断をしていくことが大切です。