デメリットもよく考えて選びたい!声優の専門学校で学ぶ意味は?

声優になりたいと夢見る若い人、年々増加傾向にあります。

でもどうやったらなれるのか、最初に思いつくのは専門学校に入ることですね。

特に高校卒業を控えた人の場合、声優の専門学校に入ってその道を目指したいと思うものです。

でもその専門学校、本当に声優への道の最短距離でしょうか。

声優にはどうやってなるのか

声優というもの、本当に最初の頃には普通の俳優がやっていたものです。

言い方は悪いですが、本業の舞台がない時にアルバイト感覚でやっていた人が多かったのです。

当時はまだテレビ番組も少なく、俳優といえば舞台でしたし、収入は少ないのが普通でした。

声優、アテレコやアフレコはいいバイトだったということです。

しかし今では人気職業になり、それなりに収入もしっかりしてきました。

声優も1つの職業として、認知されてきたのです。

なので高校卒業後は、そちらの道に入りたいと思う人も年々増加しています。

そんな人の場合、どうやって声優になればと考えた時思い浮かぶのが、専門学校入学ですね。

声優の専門学校なら1から、発声から教えてくれるし何と言っても専門学校だし学歴にもなるし、そう考えるのはもちろん間違っていません。

専門学校に入るのは一つの道ですが、では最も短距離でもあるのでしょうか。

専門学校で学ぶことは意味があるけど

普通の若い人の場合、特に演技の勉強というものは学生時代にしてはいないでしょう。

せいぜい演劇部での演技とかですよね。

少なくとも専門家の指導は受けられません。

一部の、児童劇団に入っている人とかの場合は、それなりにレッスンを受けていますが、子供ということでそれほど専門的ではありません。

発声にしても、子供の声帯では無理はできませんので、仕方のないことです。

なので大人と言われる年代での専門の訓練は、やはり必要なのです。

声優の専門学校の場合、全日制なら発声練習からきっちりとやってくれますので、基礎訓練もちゃんと出来るのが強みです。

未経験者の場合、この基礎訓練を専門家の指導で受けられるかどうかは、その後の展開に大きく関わってきます。

そういった意味では声優の専門学校で学ぶのは、大変におすすめです。

実はあまり早道ではないのが現状

では最も短距離で声優になれるのが専門学校入学かと言うと、実はそうとも限らないのです。

声優のプロダクションへの直接のつてはあまりない

専門学校の場合、多くのプロダクションのオーディションを受けられるという強みがあります。

その反面、1つのプロダクションへのつてというものは、まずありません。

というのも、大手の声優事務所の場合その事務所独自の養成所を持っているからです。

養成所で、その事務所に合った声優を育てるのですから、特に専門学校からそれほど人材を集める必要がないのですね。

もちろんオーディション自体は受けられますが、養成所からのメンバーの方が合格率が高いのは仕方がありません。

卒業生が全員卒業後に声優になれるわけでは

身も蓋もない言い方ですが、もし専門学校の卒業生が全員卒業後に声優になれるのだったら、世の中声優だらけになってしまいますね。

実はこれ、当たり前のようですがかなり忘れがちなことでもあるのです。

卒業してすぐに、プロダクションのオーディションに受かってデビューできる人もいます。

しかしそれ以外の人のほうが、数が多いのも事実です。

結構多いのが、専門学校で基礎を学んだということで、その後養成所に進むコースに入る人です。

養成所の場合、入所自体にオーディションがあるので、よほど何か特別な個性のある声でない限り、基礎の出来ていない人はまず取りません。

なので基礎訓練を専門学校でした後に、養成所にと言うルートをたどるのですね。

非常に安定したコースですが、回り道になることには変わりありません。

できるだけ早く声優デビューしたいと思ったら

回り道も実は、人生経験になるので後に自分の栄養になってくれます。

でも若い時にはやはり、できるだけ早くその道に進みたいと思うものですね。

今の状況での声優への最も早道は、声優事務所の養成所に入ることです。

なのでそのための基礎を出来だけ早く身に着けて、高校卒業後に養成所へと進みたいものですね。

なので高校在学中に、声優の専門学校の夜間部などで基礎を学んでしまうのがおすすめです。

そうすれば卒業時には、発声や台詞回しなどの基礎がある程度は入っていることになります。

そうなると、養成所のオーディションにも受かりやすくなるということなんです。

これはもちろん、すでに学校を卒業して社会人になっている人にも、おすすめの方法です。

社会人になってもまだ夢を諦められない場合、専門学校の夜間部で基礎訓練をして養成所へと言うコース、選んでみて下さい。

これ回り道のようで実は、もっとも専門学校を使って道の短縮ができる方法でもあるのです。

まとめ

全日制の声優の専門学校で学ぶのは、もちろん間違いではありません。

2年コースが多いので、充分に基礎訓練も身につけられます。

ただこれが声優になれる最も早道かと言うと、決してそうではないということなのです。

少しでも早くデビューと考えた場合、別の意味での専門学校を使った回り道も、考えてみてくださいね。